水分とダイエットと私

ダイエットには水分摂取量のチェックが大事

ダイエットを成功させるためには、適切な水分摂取が必要となります。
水分をたくさん摂ると太ると考える方は多いでしょう。
むくみの原因となるのが水分ですが、意識して制限する必要はない場合がほとんどです。
むしろ水分が不足するほうが、毒素を溜め込むなどのデメリットが大きいのです。
毒素が蓄積されたカラダは、脂肪・糖質が燃えにくくなります。
さらに毒素が脂肪付近に集まって、さらに脂肪燃焼を妨げるのです。
急激に太りやすい体質に変わっていくので、水分は十分に摂取するべきでしょう。
水分摂取に関しては、意外と勘違いされている方が多いものです。
例えば、就寝前に水を飲むとトイレが近くなるので避けたほうがいいという考えをお持ちの方は多いでしょう。
これは確かに一理ありますが、就寝中は発汗が多くなって体内の水分が大幅に減少します。
血液ドロドロのリスクを避けるためにも、就寝前にコップ1杯の水を飲むのはいいことなのです。
血液がスムーズに流れている状態は代謝も高いのです。
ドロドロ血液は細胞の燃焼力を低下させて、肥満を招いてしまいます。
細胞にたくさんの栄養素と酸素を与えてくれるのが血液なのです。
燃料を燃やすときには酸素が必要であるように、カロリーを燃焼させるためにも酸素は欠かせません。
カラダが酸欠になるのを抑えるためにも、血液はサラサラに保つ必要があります。
ダイエットのために水分を摂るなら、ぬるま湯やお茶がおすすめです。
カラダを冷やさないために、ある程度温かいものを摂りましょう。
お茶はノンカフェインタイプがおすすめであり、これは脱水症状を防ぐためです。
カフェイン入りのお茶は脂肪燃焼力が高いですが、摂りすぎは脱水症状を招くので程ほどにしておきましょう。

30代と40代から始めるダイエット方法

30代と40代は代謝の衰えが気になり始める年代なので、本格的なダイエットが必要になってくるでしょう。
特に意識しなくても太らない方は最高でしょうが、多くの方はぜい肉が気になり始める年代です。
二の腕がタプタプしてきたり、お腹が張り出してきたり、全体的にぽっちゃり体型になって元に戻すのが難しくなります。
若いころは食事を制限するだけで簡単に痩せたのに、30代に突入したらダイエットをしても体重が増えていくという方も多いでしょう。
30代と40代のダイエットは、代謝促進がキーワードとなります。
食べる量を減らすだけでは綺麗に痩せることはできません。
医学的にはカロリーを減らせば、100%痩せることが可能です。
消費されるカロリーよりも、摂取するカロリーを減らせばよいのです。
しかし、現実的には簡単に痩せられるものではなく、多くの方が痩せられなくて悩みます。
食事制限で痩せないならば、代謝促進のための運動やサプリの摂取などがポイントとなります。
人間のカラダは運動をすれば細胞が元気になる仕組みになっています。
代謝が促進されると、痩せやすい体質になれることでしょう。
特に食事前の20分運動は効果的なので、足腰に負担のかけない運動を実践してください。
基本的には毎日運動したいですが、無理をしてはいけません。
継続的に続けられるなら、1日置きでも問題ありません。
サプリは太ってしまう原因にマッチしたものを選んでください。
自分の食生活を見直してみて、脂肪と糖質のどちらの摂取量が多いのか予測してみましょう。
サプリによって性質が異なるため、糖質太りが原因なら脂肪ブロック系のサプリを飲んでもあまり意味はありません。
医薬品を利用するのは、サプリを飲んで変化を実感できなかった場合です。

寝る前だけやるダイエット方法の種類

今若い女性も年配の女性も、いかに楽をしてダイエットできるかということに凄く興味を持っています。
実はそれは決して難しいことではありません。
若い時は、体の代謝もいいし運動する機会も多いのでそれほど無理をしなくてもダイエットすることは比較的簡単と言っていいでしょう。
しかし、ある程度年齢を重ねてくると代謝は落ちてくるし、仕事で忙しかったり、ストレスを抱えていたりして、ダイエットをしようという気力がなかなか沸いてこないことでしょう。
そのような人達にお勧めするのが、寝る前にだけするダイエットです。
寝る前の短い時間を利用してお手軽に、無理をしないでできるので、ぜひ多くの女性に試してもらいたい方法です。
まず眠たくないのに無理をして布団に入ってしまうと、色々考えてしまいます。
そうなると、つい食べ物のことを考えてしまったり、明日の仕事のことを考えてしまったりして、ストレスや不安が溜まっていってしまいます。
ストレスや不安が溜まると女性の脳は何か食べ物を摂取して、緊急事態に備えようとしてしまうので、無理は禁物です。
そうならない為にも、眠たくなってから布団に入りましょう。
それから、部屋の電気を消して暗くしてから1分だけでもいいので座禅を組んで呼吸を整えましょう。
この時(明日も仕事に行かないといけないなあ)など色々考えないようにすることです。
その後、呼吸が落ち着いたら、5分~10分ほどヨガをします。やり方は、ネットや本のやり方で構いません。
大切なことは寝る前に、いつもと同じルーティーンで心と体を整えることです。
こうすることで、ストレスが減りストレスが減ることによって暴飲暴食も徐々に減っていきます。
結果的に無理なくダイエットに成功することができるのです。